プロジェクトマネージャー育成の研修

IT業界では経験数よりもどれだけのスキルが身に付いているかによって、任せられる仕事内容も変わってくると思います。最近採用したばかりの方でも、スキルが高いと判断した場合には責任ある仕事を任せることもあるでしょう。そんな時「プロジェクトマネージャーとして育てたい」と思う人材がいることもあるのではないでしょうか。
プロジェクトマネージャーを育成していくためには、単に経験を積ませるだけではいけません。プロセスによってその時々のスキルを判断し、次のステップへと進んでいくことが重要となります。プロジェクトマネージャーとして活躍するためには、知識だけではなく、パーソナルスキルなど身に着けていくことが必要。コミュニケーション能力やコーチング能力、問題解決能力、プレゼン能力なども問われることになりますから、これらも研修の中に組み込んで進めていくことが必要となります。「プロジェクトマネージャーは、高い知識があれば勤まるだろう」と思っている方もいると思いますが、プロジェクトマネージャーという立場は一人で仕事をこなすだけではありませんから、チームをまとめるコミュニケーション能力やクライアントに提案出来るプレゼン能力などもなければ、勤まりませんからね。プラスの研修としては、資格取得などを目指してみるのも良いでしょう。資格を取得すれば、それだけ本人にとっても自信に繋がり、モチベーションアップに繋がりますからね。
このように、プロジェクトマネージャーを育成するためには、研修制度をしっかりと作り上げることも大切。本人が戸惑うことなく学べる環境を作っていくことが、大切となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です